ヒストリー

カテゴリー ヒストリー

クラシック時代からリブートしたリヴリーアイランドの大まかな流れをまとめました。

1分44秒でわかるリヴリーアイランド「歴史編」

下記にいろいろまとめていましたが、2022年1月19日に公式YouTubeアカウントに「リヴリーアイランドPV – 『What’s Livly Island?』 歴史編」がアップロードされたので、こちらの視聴をおすすめします。

リヴリーの誕生からクラシック時代を経て、新しいリヴリーアイランド発足まで動画になっています。

【クラシック】リヴリーの誕生からサービス終了まで

2001年8月、最初のリヴリー「ミューミュー」が誕生。
2002年コールドブレスにより『Livly ~不思議なペット~』を公開。
2003年7月、運営がソネットエンタテインメント株式会社に移行。
『Livly Island』サービス開始。
11月、月額課金サービス「G.L.L」開始。
2006年「WebMoneyAward2006」カジュアルゲーム賞、女性セレクト賞、ティーンズ賞を受賞。
2007年「WebMoneyAward2007」ベストゲームス賞を受賞。
2008年「WebMoneyAward2008」ベストゲームス賞を受賞。
2009年8月26日、台湾版『寵物島』サービス開始。
運営がGMO GP株式会社に移行。『Livly Island COR』に変更。
HTML5版を公開。一部機能がスマートフォン上でも操作可能となる。
登録者数が100万人を突破。
2010年1月28日、ニンテンドーDSソフト「リヴリーガーデン」を販売。
4月9日、ガラケー版「おでかけリヴリー」サービス開始。
10月5日、ソーシャルゲーム『リヴリーのぼうけん』サービス開始。
10月15日、ハンゲームで『Livly Island COR』を提供。
2011年3月30日、『リヴリーのぼうけん』サービス終了。
2012年1月11日、『寵物島』サービス終了。
2017年12月1日、GMOゲームポットの吸収合併にともない、運営がGMO GP株式会社へ移管。
2019年スマートフォン版のサービス開始。
一部の表記が『Livly Island』に変更。
12月26日、PC版とスマートフォン版のサービス終了。

リヴリーの誕生ストーリー(クラシック)

リヴリーは、生物学者ミュラー博士の手により誕生した、不思議な生き物です。
元は、中世のヨーロッパ地区で、王族用ペットとして、錬金術師たちが密かに生み出した生き物と考えられています。
やがてその生き物たちは、乱暴に扱われ、世の人々に知られる事なく、絶滅しました。
しかし、ミュラー博士によって、現代に蘇りました・・・

詳しくは「【クラシック】リヴリーの歴史」ページへ。

サービス終了のお知らせと「飼い主の皆様へ」

リヴリーアイランドのサービス終了の告知と同時に『リヴリー総合研究所』より「飼い主の皆様へ」というスライドがアップロードされました。スライドの内容は下記をクリックまたはタップで展開します。

終了後のメンテナンス画面

2019年12月26日12時過ぎにメンテナンス画面に切り替わりました。

【リブート】新しいリヴリーアイランド

2020年10月12日、ココネ株式会社が『Livly Island』の権利を譲り受けたことを発表。
「リヴリーリブート研究所」を発表。
2021年5月17日、2021年夏にリリースすることを発表。同時に事前予約開始。
7月15日、スマホ向けアプリ『リヴリーアイランド ペットと暮らす小さな島』配信開始。
7月21日、ダウンロード数が10万を突破。
7月22日、ダウンロード数が20万を突破。
8月5日、ダウンロード数が30万を突破。
8月19日、ダウンロード数が40万を突破。
8月28日、ダウンロード数が50万を突破。
11月30日、「#GooglePlayBestOf 2021」ダブル受賞
【エンターテイメント部門】大賞、【ユーザー投票部門】アプリカテゴリ トップ5。
2022年1月20日、多言語化対応「中国語 (繁体字) 対応」
2月24日、ダウンロード数が100万を突破。
3月1日、多言語化対応「英語対応」

『リヴリーリブート研究所』

公式Twitterより新しい研究所の名称が正式に決定したと発表されました。

研究所では「復活」するという表現はせずに「新たなリヴリー」「リブート」「新編」と表現するように気をつけています。新たなリヴリーアイランドがはじまります。

リヴリーリブート研究所より

リヴリーリブート研究所

リヴリーリブート研究所は、リヴリー総合研究所のスタッフと新しく加わったスタッフ、外部研究員で構成されているそうです。メンバーは「リヴリーリブート研究所の研究員」ページにて。

リヴリーリブート研究所の動き

新しいリヴリーアイランドの更新情報や出来事、リヴリーリブート研究所の動きなどを下記のページで月ごとにまとめています。

タイトルとURLをコピーしました